1. HOME
  2. ニュースリリース
  3. IFRS財団 中小企業向けIFRS適用グループのメンバー就任について

NEWSRELEASE

ニュースリリース

お知らせ

IFRS財団 中小企業向けIFRS適用グループのメンバー就任について

当法人代表社員のIFRS財団 中小企業向けIFRS適用グループのメンバー就任について

当法人の代表社員である公認会計士の岡田博憲は、国際会計基準審議会(IASB)のガバナンスと監督の機関であるIFRS財団評議員会により、IASBの諮問機関である、中小企業向けIFRS適用グループ(SME Implementation Group:SMEIG)のメンバーに指名されましたので、お知らせします。
メンバーとしての任期は、2022年7月1日より3年間です。

中小企業向けIFRS適用グループの主たる責務は、以下の通りです。

A. IFRS for SMEs Standard(中小企業向けIFRS基準)の導入と適用に関するステークホルダーからの質問を検討し、定められた基準に基づいて、どの質問が公表される教育マテリアルに値するかを決定し、適時に公表される教育マテリアルであるQ&Aを作成する。

B. 中小企業向けIFRS基準の改訂の必要性を検討し、以下の事項に関してIASBに提言する。
i)  中小企業向けIFRS基準の導入及び適用に関する論点のうち、Q&Aで対応できないもの、及び
ii) 中小企業向けIFRS基準の発行又は前回の改訂後に承認された新規の完全版IFRS基準又は改訂された完全版IFRS基準

 

最新記事